このホームページでは
吉村眸(hitomi YOSHIMURA)の作品を展示しています。

開設…2005年11月

当サイトはリンクフリーです。
画像は無断転載、加工して使用など不可で す。
当サイト展示画像の著作権は吉村眸に帰属します。


Profile

First Name: Hitomi
Family Name: Yoshimura
In Japanese: 吉村 眸 (よしむら ひとみ)

Hitomi Yoshimura

A sculptor

Born 1984 in Niigata, JAPAN
She now lives in Tokyo.
She began working on doll-making by self-education in 2002.
Having majored in Art Education, she finished masters course
of Tokyo Gakugei University in 2009, two years after graduating
from the same university.

About her works:
Sculptures are made using Japanese paper, clay, wood, cloth, metal, etc.
The theme of her work is expressing the feeling of vitality which comes out
from the inside of existence.
She considers expression of a doll and sculpture across boundaries, and
is in pursuit for a new expression.
The motifs of her art in recent years are a person, an animal, and an imaginary living thing.

Website: http://ennui.in/sinclairs/index.html
Facebook: http://www.facebook.com/hitomi.yoshimura09

Past Exhibition
Two artists exhibition < Hitomi Yoshimura and Okano Akane > Kichijoji, Tokyo, 2012
Midow 2011 Creation doll contest, Selected
Solo exhibition Ginza, Tokyo, 2010
Solo exhibition Kokubunji, Tokyo, 2009
Solo exhibition Nishiogikubo, Tokyo, 2007
44th Gun’en , Sponsor prize Award 2006


吉村 眸(よしむらひとみ)

略歴
1984年新潟県上越市出身。東京都在住。
1999年、本の装丁に使われている人形の写真を見て、人形の制作に強く興味を持つ。
2002年頃、独学で人形の制作を始める。
2007年東京学芸大学芸術文化課程美術専攻卒業。
2006年6月より2009年2月
日本創作人形学院で開設されている浦野由美先生の
創作ビスクドール科にて学ぶ。
2009年東京学芸大学大学院美術教育専攻美術コース修了。
現在、同大学、彫刻研究室に研究員として在籍。

和紙や粘土、木材、布、金属などを用いて立体物の制作を行う。
表面的な形にとらわれずに、生命感はどこから生まれるのか、どう表現できうるのかを問い続けている。
人形と彫刻の表現を横断的に考え、新たな表現を模索している。
近年は、人物に限らず動物や半人半獣をモチーフとしながら、制作を深めている。

Website http://ennui.in/sinclairs/index.html
Twitter @hitomingnow
Facebook http://www.facebook.com/hitomi.yoshimura09


















2style.net